ウェブブラウザはChrome機能拡張も使える「Brave」がイイ

やれChroemが一番だ!やれFirefoxだなどといろいろありますが、都合よく閲覧できればいいので何だっていいのです。好きに選べばいいと思います。

ブラウザ目的別使用

  • スピード重視でナンパなGoogle Chrome
    動画サイトやGoogle Driveなど機能拡張を多用する
  • プライバシー重視でマニアック Firefox
    メールや登録アカウントのサービスなど
  • JavaScript OFFのデフォルトブラウザー自己満足気味の Safari
  • 適度に使う Yandex
  • たまにチェックする Edge
  • できれば避けたい IE

Chrominumベースのブラウザ「Brave」

最近 EdgeもChromiumベースとなり話題となりましたが、BraveブラウザはChromeとFirefoxを兼ねたような印象を持っています。スピード+プライバシー重視

""

Brave Browser

トラッキングブロッキング

デフォルトでトラッキングブロックが機能します。

例えばこのサイトでブロックされているのは、AdSensとAddThis,Yandex MetricaのJavascriptです。さらに、3つめのブロックされたスクリプトもOnにした場合は、デザイン要素のJavaScriptもブロックされます。
これでGhosteryのようなトラッカーブロックの機能拡張を入れなくて済みます。


普段デフォルトブラウザをSafariにしていたためSafariの開発メニューからのJavascript有効/無効は使い勝手は良かったのですが、Safariの場合は全てをブロックしてしまうので都合が悪いときもありました。Braveの場合はトラッキングブロックをベースにして全てのJavaScriptをサイトごとにブロックすることが可能です。

さらに特徴的な機能もあります。

プライベートウィンドウが2種類

普段からChromeはシークレットモード、Firefoxはプライベートウィンドウで利用しています。Braveの場合は基本トラッキングをブロックしているためノーマルで使用していますが、なんと!2種類のプライベートモードがあります。
  1. プライベートウィンドウ
    1. DuckDuckGoの検索を促されます。
    2. 機能拡張は許可が必要になります。
  2. プライベートウィンドウ + Tor 
    1. DuckDuckGoの検索になります。
    2. 機能拡張は使えません。

Brave Browser プライベートウィンドウ

Brave Browser プライベートウィンドウ+Tor  
プライベートウィンドウは必要なのか?と思ってしまいますが、機能拡張はChromeと同じでプライベートウィンドウでも許可が必要になります。+Torでは機能拡張は機能しません。TorBrowserを起動するより速いです。

FirefoxのようなBuild Channels

Braveブラウザはモバイル版もあります。
通常モバイルでは機能拡張が使えないのでトラッキング関連悩ましいのですが、Braveブラウザはトラッキングブロックは機能しますのでもう最高です!

Brave Nightlyをダウンロード | Brave Browser
https://brave.com/ja/download-nightly/

Brave Rewards

Brave Rewards | Brave Browser
https://brave.com/ja/brave-rewards/

発展途上だとは思いますが面白い仕組みです。広告は通知ではじめて表示します。
日本語にローカライズされてますので設定も問題ないと思います。
日本の企業広告もチラホラ

最近の話題は

GMOコインによって仮想通貨系のサイトで紹介されることが多いBraveブラウザですが、固くて軽快なブラウザです。


WordPressDeath